ツナグ

上映日:2012年10月06日製作国:日本上映時間:129分ジャンル:ドラマファンタジー

たった一人と一度だけ、死者との再会を叶えてくれる人がいるらしい―。半信半疑で依頼をしてくる人たちの前に現れる使者は、ごく普通の高校生・歩美(松坂桃李)だった。横柄な態度で、癌で亡くなった母・ツル(八千草薫)に会うことを希望する中年男性・畠田(遠藤憲一)。喧嘩別れをしたまま自転車事故で死んでしまった親友・御園(大野いと)に聞きたいことがある女子高生・嵐(橋本愛)。プロポーズ直後に突然失踪した恋人・キラリ(桐谷美玲)のことを信じて待ち続けているサラリーマン・土谷(佐藤隆太)。歩美は、実は“ツナグ”を祖母のアイ子(樹木希林)から引き継ぐ途中の見習いで、その過程で様々な疑問を抱く。死者との再会を望むなんて、生者の傲慢かもしれない。間違いかもしれない。果たして会いたかった死者に会うことで、生きている人たちは救われるのか。人生は変わるのだろうか。そして死者は…。

生きている者が、もう一度だけ会いたいと強く願う、すでに亡くなってしまった者。その再会の機会を設けることができる、“ツナグ”と呼ばれる使者の見習いをする高校生・歩美(松坂桃李)。ガンで逝去した母(八千草薫)と会いたいという高慢な中年男・畠田(遠藤憲一)、けんかをしたまま事故死した親友・御園(大野いと)に尋ねたいことがある女子高生・嵐(橋本愛)など、さまざまな依頼人の願いをかなえる歩美。だが、死んだ者と生きる者が再び出会ってはいけないのではないか、それで両者は救われるのだろうかと考え……。

解説: 第32回吉川英治文学新人賞に輝く、辻村深月の小説を実写化したファンタジー・ドラマ。死んだ者と生きる者の再会を仲介する使者“ツナグ”の見習いを努める高校生が、さまざまな依頼者の姿を目の当たりにして成長する姿を追う。『王様とボク』などの松坂桃李が主人公の歩美を好演、ツナグの師匠でもある彼の祖母を『わが母の記』の樹木希林が演じ、温かな掛け合いを見せてくれる。人と人のつながり、家族の絆、生死を深く見つめた物語もさることながら、佐藤隆太、桐谷美玲、八千草薫、仲代達矢といった豪華共演陣の顔ぶれも見ものだ。

タイトル ツナグ
上映時間 129分
製作国 日本
製作年度 2012年
公開日 2012年10月6日公開
ジャンル ドラマファンタジー
監督 平川雄一朗
原作 辻村深月
脚本 平川雄一朗
音楽 佐藤直紀

Amazon Prime Video

Rakuten TV

dTV

Hulu

クランクイン!ビデオ

チャンネルに参加して、最新の映画のビデオを無料で見る:Click Here

(04/02) 三千円の使いかた 第5話

(04/02) 6秒間の軌跡〜花火師・望月星太郎の憂鬱 第4話

(04/02) わたしの夫は―あの娘の恋人― 第4話

(04/02) ハマる男に蹴りたい女 第4話

(04/02) 東京の雪男 第1話

(04/02) 執事 西園寺の名推理 第8話

(04/02) 大病院占拠 第4話

(04/02) テレビ70年記念ドラマ「大河ドラマが生まれた日」

(04/02) 全力で、愛していいかな? 第1話

(04/02) 今夜すきやきだよ 第5話

(03/02) リエゾン-こどものこころ診療所- 第3話

(03/02) 100万回 言えばよかった 第4話

(03/02) 金曜ロードショー「パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド」

(03/02) 異世界居酒屋「のぶ」Season3~皇帝とオイリアの王女編~ 第4話

(03/02) 探偵ロマンス 第3話

(03/02) 銭の戦争 第4話

(03/02) 舞いあがれ! 第86話

(03/02) 飴色パラドックス 第7話

(02/02) ヒヤマケンタロウの妊娠 第5話

(02/02) しょうもない僕らの恋愛論 第3話

(02/02) あなたは私におとされたい 第5話

(02/02) 忍者に結婚は難しい 第5話

(02/02) ワタシってサバサバしてるから 第16話

(02/02) 警視庁アウトサイダー 第5話

(02/02) 銭の戦争 第3話

(02/02) 舞いあがれ! 第85話

(02/02) それでも結婚したいと、ヤツらが言った。 第5話

(01/02) 来世ではちゃんとします3 第5話

(01/02) スタンドUPスタート 第3話

(01/02) リバーサルオーケストラ 第4話