どうする家康 第7話

どうする家康 第7話

戦いも終わり、松平元康(松本潤さん)は名を「家康」と改めます。国を一つの家としてまとめたいと願う家康。けれど三河の中で争いは絶えることがなく、統一されるのは遥か先に思えるのでした。そんなある日、瀬名(有村架純さん)から民衆の間で人気があるという一向宗の存在を聞いた家康。人気の秘密を知ろうと、家臣を連れこっそり宗徒が集まる本證寺に潜入します。するとその中には、巨大な寺内町という町が作られていました。民衆を苦しめる「飢え」「貧困」「争い」。住職の空誓(市川右團次さん)は、民の苦しみを生んでいるのは武士だと説いていました。その噂は織田信長(岡田准一さん)の耳にも入り、一向宗の力は無視できないと感じさせていました。そして家康も、一向宗への対抗策を講じることになるのでした。

#邦画

チャンネルに参加して、最新の映画のビデオを無料で見る:Click Here