滅相も無い 第8話

滅相も無い 第8話

7人の「自分史」を記録し終えた岡本(窪田正孝)が、ついに話を始める。小学生の頃に見た夢をまだ覚えているという岡本。夢と気付かず夢の中を過ごす岡本は、徐々に「これが夢だ」と気付き目を覚まそうとするが、次第に夢と現実の境目がぼやけていく。やがて、自分史を語り終えた8人の前で、教祖の小澤(堤真一)が口を開く。

#邦画

チャンネルに参加して、最新の映画のビデオを無料で見る:Click Here