JKと六法全書 第8話

JKと六法全書 第8話

ついに国家賠償請求訴訟に動きだしたみやび(幸澤沙良)。その裁判で百目木喜十(生瀬勝久)が、政治家が絡んでいる事実を証言してくれることになったが、それでも裁判で戦うカードは少なく勝ち目がない。そんな中、悠(日向亘)が裁判の証拠になればと、父・冬馬(高橋和也)が隠蔽しようとしていた資料を早見(大東駿介)に渡しに来る。

#邦画

チャンネルに参加して、最新の映画のビデオを無料で見る:Click Here