ミステリー・セレクション・弁護士高見沢響 7

ミステリー・セレクション・弁護士高見沢響 7

中学生の杉下なつみ(佐藤栞菜)が、乱暴されたうえに殺される事件が起こる。1週間後、犯人の田倉雅夫(小山裕達)が逮捕され裁判が始まった。傍聴席にいた弁護士の高見沢響子(市原悦子)と助手・久松(あめくみちこ)は、田倉のふてぶてしい態度に眉をひそめていた。その時、傍聴席にいた男(蟹江敬三)が鞄から拳銃を取り出し、田倉に向け発砲。田倉は負傷し、男はその場で取り押さえられた。男は被害者の身内かと思われたが、そうではなかった。同じく傍聴席にいた、なつみの母・正子(中村久美)も面識がないという。男が一切を黙秘しているため、名前もわからないまま裁判が行われることになった。響子は男の弁護に名乗りを上げる。調査は難航するが、男が犯行時に叫んだ方言が手がかりとなり、彼の身元が茨城県の会社員・毛利光俊だと判明する。毛利と彼の家族は、1年前に起きた痛ましい事件の被害者だった…。

#邦画

チャンネルに参加して、最新の映画のビデオを無料で見る:Click Here