怪獣8号 第10話

怪獣8号 第10話

新人隊員たちが訓練の成果を発揮し翼竜系怪獣をなんとか抑え込む一方、巨大化した“怪獣10号”の攻撃はさらに激化していく。敵の変化にも対応して着実に攻撃を続ける保科だが、ついに限界が訪れる。そのとき保科の脳裏に浮かんだのは、自分の剣技を認めて背中を預けてくれた、ミナの言葉だった。

チャンネルに参加して、最新の映画のビデオを無料で見る:Click Here