烏は主を選ばない 第11話

烏は主を選ばない 第11話

血筋ではなく、自分そのものを見てくれたただ一人のあるじ。雪哉が若宮に寄せた信頼と、その裏切り。やるせない思いを吐露する雪哉を、路近がある人物の元へと案内する。真の忠誠とは、忠臣とは、その男が身を焦がした、狂おしいほどの“金烏”への思いは、少年の心にあるものを刻む。やがて、再びの春、ついに若宮がきさきを選ぶため、桜花宮に舞い降りる。

チャンネルに参加して、最新の映画のビデオを無料で見る:Click Here