茂七の事件簿 ふしぎ草紙 第10話

茂七の事件簿 ふしぎ草紙 第10話

茂七(高橋英樹)は伊左次(原田芳雄)と小唄の師匠・お艶(中江有里)がただならぬ関係にあると気づいていた。ある日、阿賀山藩の轡田三太夫(寺田農)が茂七に自分の藩主のために、耳かきを作って欲しいと依頼に来る。実はお艶も阿賀山藩の出で、元は武家の娘だった。経緯を知った茂七は、藩主・立花義信(塩屋俊)にお目通りする際、お艶を弟子として同席させる。それは何より伊佐次を思うがゆえの茂七の心配りだったが…

#邦画

チャンネルに参加して、最新の映画のビデオを無料で見る:Click Here