ミステリー・セレクション・万引きGメン・二階堂雪7 逃亡

ミステリー・セレクション・万引きGメン・二階堂雪7 逃亡

二階堂雪(木の実ナナ)は警備会社から派遣され、万引きや置引き、スリの摘発などを行う保安員としてスーパーに勤務している。ある日、店内を巡回していた雪は、万引きした少女・萌(大谷みつほ)を見つけ追い掛ける。焦った萌は逃走中にバスガイドの桜井藤乃(馬渕英里何)と衝突。藤乃は骨折し、入院してしまう。天涯孤独だという藤乃の世話をかってでた雪は、赤い靴のマスコットと筑前煮が母の思い出だという彼女のために、行きつけである昭平(秋野大作)と敏江(藤真利子)の惣菜店へ。だが、なんとそこで万引き犯の萌を発見する。そんな中、雪は返品詐欺を働いた女から、地元の名士の田所静代(石井苗子)が返品詐欺の常習犯だと聞かされ驚く。翌日、雪は静代の元を訪ねるが、殺害された静代を発見する。一方、二階堂家では夫の透(角野卓造)の再就職先が悪質な催眠商法をしていると判明、雪自身も被害者に。契約を取り消すため、雪と透は二人で上司の林(篠塚勝)を出張先のホテルに訪ねるが、そこで林の死体を発見。林は最近報道されいる時効間近の殺人事件の被害者の弟で、静代殺しの容疑者だった。そんな中、雪は敏江の言動から、敏江がその未解決事件の指名手配犯・黒沼洋子だと直感する。

#邦画

チャンネルに参加して、最新の映画のビデオを無料で見る:Click Here