サスペンス名作選 弁護士高林鮎子24「東京環状線 夏の迷走」

サスペンス名作選 弁護士高林鮎子24「東京環状線 夏の迷走」

鮎子らの事務所に、伊豆・稲取に住む西田直子という女が訪れ、一人娘・由里子のことで助けを求めた。直子の話によると、大学生の由里子は3日前、殺人未遂事件を起こし、現在、逃走中なのだという。この事件は、東京郊外の小金井市にあるマンションで発生したもので、CDショップを経営する本橋昌弘という男がナイフで腹を刺され病院に担ぎ込まれていた。警察は、現場に落ちていた学生証、マンション管理人の証言から由里子を犯人と断定し、手配していたのだ。ところが、まもなくみつかった由里子は、事件の日の朝、稲取にいたことが判明。電車を使って現場に行くには時間がかかりすぎるため、容疑が薄くなった。本橋の前の職業はホストクラブのホスト

#邦画

チャンネルに参加して、最新の映画のビデオを無料で見る:Click Here